TOP > ロレックスが愛される理由

ロレックスが愛される理由

ロレックスといえば時計ブランドの代表とも言えます。

装飾やデザインに凝った他の高級時計とは一線を画し、ムーブメントや機能などの実用性を追及し続けてきた歴史あるブランドです。



1905年にハンス・ウィルスドルフという24歳の若者がロンドンはじめた時計輸入商社がロレックスの起源です。

小型ムーブメントを製造するスイスの会社に出会うことで腕時計の将来に可能性を感じ、1908年に「ROLEX」という名で商標登録し本格的に腕時計製造を開始しました。スイスに事務所を移した後、厳しい検査で知られる組織から性能についてお墨付きを得て、懐中時計が主流だった時代に腕時計の認知度を一気に上げました。



そして今日でもよく知られている革新的な技術を次々に開発していくことになります。

オイスター、パーペチュアル、デイトジャストはロレックスの代名詞とも言える機能です。

オイスターとは素材を型に流し込むのではなく、くりぬいて研磨することでケースに継ぎ目を無くし、さらに竜頭はねじ込み式にすることで高い防水性を実現したものです。


竜頭を操作しないでローターを回転させることで自動的にねじを巻き上げるパーペチュアルは、その後各社から発売される腕時計の自動巻き機能の基本となっています。

日付表示機能がついたデイトに改良を加え、日付が変わる深夜に日付板の数字が一気に動くデイトジャストは1945年に発表されました。

ロレックスの魅力は質実剛健で精度が高いことにあります。



流行に流されず、今後も愛されるブランドとして存在し続けていくでしょう。